2019年08月27日

工場長セミナー「利益を出す!食品工場革新の進め方」大阪・東京開催

2019年8月22日(木)大阪開催(グランフロント大阪)、27日(火)東京開催(世界貿易センタービル)にてアステック工場長セミナー「利益を出す!食品工場革新の進め方」を開催しました。

食品、医薬品、化学業界をはじめ電機業界からも生産部門の役員、管理職の皆様ご受講頂きました。誠にありがとうございます。

講師は弊社の代表取締役社長 岩室 宏が務め、先ずは食品製造業を販路や生産設備の形態によって分類しその特徴を分析しました。また食品製造業においてもトヨタ生産方式が有効だとか、部分的な生産性向上を狙い全体の生産能力を低下させている現状や間接人員を削減しすぎて生産性を低下させている場合など間違って理解されている場合がある事を指摘しました。

190827-1.jpg 190827-2.jpg

利益を出す!改善方法として、各種生産性指標に加えてキャッシュフロー系の指標を採用しこれを向上させる事の重要性を解説し新たにCPIという指標を使った改善方法を詳説しました。情報の流れに着目した計画系改善と人の動きに着目した作業改善に加えてIotツールを使った改善方法も紹介し改善のスピードアップを提唱しました。

セミナー終了後は、「入社数年の若い人材を教育するカリキュラムを紹介して欲しい」、「CPI指標の採り方について詳しく知りたい」、「Iotツールの導入の仕方について知りたい」、「自分は食品業界ではないが、顧客が食品業界なのでその課題が良く理解できた」などの御意見・御感想を頂きました。
今後、個別の課題をお聞きしてご提案をさせて頂きます。

アステックコンサルティングでは、経営者の方々を対象とした「経営トップセミナー」、製造部門長・工場長の方々を対象とした「工場長セミナー」、部門責任者・技術スタッフの方々を対象とした「技術セミナー」を開催しています。
是非、改善活動の推進、社員教育に向けてご活用下さい。また、企業様の個別の課題に則したIotツールの提案と導入もご支援致しますので何なりとご相談下さい。

今後のアステックセミナー はこちらからご覧頂けます。
http://www.ast-c.co.jp/seminar/index.html
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| Comment(0) | セミナー

2019年07月31日

技術セミナー「“考えて動ける” 強い管理職の育て方」大阪・東京開催

2019年7月24日(水)CIVI新大阪研修センター、7月31日(水)エッサム神田ホールで開催いたしました技術セミナーの概要をご報告いたします。

おかげさまで今回のセミナーは多くの皆様からの期待も高く、両日共にアステック内のセミナールームの定員を上回るお申込数となりましたため、会場を変更しての開催となりました。
ご参加いただきましたのは、重工業、造船、機械、エンジニアリング、電気機器、制御機器、精密機器、自動車部品、鋳造、金属加工、非鉄金属、ケーブル、セラミック、化学、樹脂、ゴム、ガラス、食品、飲料、医薬品、化粧品、印刷といった様々な業界からお越しいただきました。
190731-1.jpg
セミナーではまず始めに、「管理職に何を求めていますか?」「周りの管理職を見て足りないと感じる点は何ですか?」との問いかけからスタートし、管理職の今と昔ではどのように変わってきたのかを比較して、これから期待すべき「自ら考え動ける管理職」を以下のように示しました。
●組織の暗黙知を熟知していること
 ●実用的なリーダシップの素養をそなえていること
   ・人や組織を牽引する力(誘導力)
   ・人をその気にさせる力(説得力・人間力)
 ●モチベーションが維持できていること
 ●ビジネスコミュニケーションが出来ること
 ●唯我独尊にならないコーチングが出来ること
190731-2.jpg
これらの要件を満たすにはどうすべきかを一つひとつご説明していき、最後には、期待人材の育成を進めるポイントとしまして以下を挙げ、セミナーを終了いたしました。
 ●実践経験(修羅場・土壇場・正念場)を経た人材育成
 ●第三者目線の客観的な体系作り
 ●時間と手間をかけた人材育成
 ●経営トップが関与する人材選抜
 ●期待人材のスペックを明確にする

本セミナーを参考に、経営者やメンバーだけでなく、取引先や他部門など「いろんな人の期待に応えられる管理職」をぜひとも育成していってください。

次のセミナーは、『利益を出す!食品工場革新の進め方』です。8月22日(木)大阪、27日(火)東京と開催が迫っております。食品メーカーだけでなく、医薬品や素材メーカーも対象にしたセミナーとなっておりますので、ぜひご参加ください。詳細は下記ページをご覧ください。
http://www.ast-c.co.jp/seminar/factory.html#5
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| Comment(0) | セミナー

2019年07月20日

第12回 専任研修会の開催

7月19日から一泊二日で専任研修会を新大阪ワシントンホテルプラザにて開催いたしました。専任研修会とは、アステックコンサルティングの会員企業を対象に各社の改善活動推進の核となる専任メンバーのスキルを強化することで、プロジェクトの円滑な運営と短期での成果出しをサポートするためのものです。

今回で12回目の開催となりますが、全国各地から改善活動の全体を見渡し各チームを支援する専任担当及び、活動推進者の皆様にご参加頂きました。
専任研修会では1人の仕事人として管理力の向上を図り、目標・成果の達成力を高めることを最終目標に、プロジェクトマネンジメントの手法・技法の習得と、リーダーとしての意識醸成・改革の考え方について2日間にわたり学んでいきます。

講義では@プロジェクトマネンジメントAロジカルシンキングB数値管理の重要性C専任の機能と組織運営Dモチベーション向上の5つのテーマでプロジェクト活動を推進するために必要な手法・技法について学んでもらいました。
190720-1.jpg 190720-2.jpg
ケーススタディでは、講義で説明した内容に対して、具体的な問題点を題材にグループ単位で議論を進め、更に理解を深めてもらいました。
今回の研修会で初めて顔を合わせたメンバーということもあり、はじめはグループの意見をまとめるのにも時間がかかってしまいましたが、演習を重ねる毎に効率も上がり、講義の手法以外でもチームワーク等多くを学んでいただけたと思います。

研修後の交流会では改善活動を始めたばかりの方に、専任担当の経験が長い先輩方から今後起こるであろう問題点やトラブルの予想やその解決方法のアドバイスをしたり、苦労話で盛り上がったりと、普段関わることのない、様々な業種の方達と交流をしていただきました。
190720-3.jpg 190720-4.jpg
2日目の最後には、修了証書授与を行いました。岩室社長から修了証を受け取る姿は、皆さんとても充実した2日間を過ごされた様に見受けられました。
 
2日間の研修中、名刺交換をはじめ「お互いの工場を見学できないか」「困ったら相談させてほしい」といったやり取りが行われており、参加者同士の交流も深まったと思います。今回の研修会が、各社の改善の更なる推進に繋がることを期待しつつ、来年も更にバージョンアップした形で皆さんをお迎えできるように準備を始めたいと思います。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 17:00| Comment(0) | 行事