2017年05月21日

〜アステック社員旅行 「三島大社〜久能山東照宮(国宝の社殿)を巡る旅」〜

5月20日(土)、21日(日)に社員旅行で伊豆へ行ってきました。
新大阪駅→三島駅に到着後、早速三嶋神社へ。
総門の大きなしめ縄の前でまずは集合写真をパシャリ。
神門をくぐると、右側に天然記念物の金木犀があります。
樹齢1,200年と言われていて、圧倒的な存在感を放っていました。
170521-1-thumbnail2.jpg
お昼はうなぎ屋の「桜家」へ。
お店の前はうなぎの良い匂いが♪
味も甘すぎずさっぱりとしたタレでフワッフワッのうなぎ。
これがまた美味しかったです。
浄蓮の滝では水しぶきが舞いマイナスイオンたっぷり!
気温も涼しく、立派なわさび畑もありましたよ。
170521-2-thumbnail2.jpg
170521-3-thumbnail2.jpg 170521-4-thumbnail2.jpg
2日目は駿河湾フェリーで海から見える富士山を。
乗る前は「見えるかなぁ〜?」と心配でしたが、うっすらと富士山の頭が!
写真を撮っていると「イルカがいる〜!」との声が。
一瞬でしたがこの日はイルカにも会えてラッキーでした。
170521-5-ff19c-thumbnail2.jpg
その後、日本平ロープウェイで絶景を楽しみ、久能山東照宮へ到着。
石段が高さ30センチあるため、一段一段上るのが大変でした・・・
これは当時、敵が攻めにくいようにあえて高く造られたそうです。
170521-7-thumbnail2.jpg 170521-8-thumbnail2.jpg
階段を上りきると、徳川家康が埋葬された「神廟」があります。
想像以上に大きく、見ごたえがありました。

昨年に続き今年もお天気に恵まれ
自然に囲まれた景色、美味しい海の幸、そして静岡茶で、
とてもリフレッシュできました。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| 行事

2017年05月18日

技術セミナー「儲かる食品工場の人員管理術!」博多 開催

2017年5月18日(木)JR博多シティで開催いたしました技術セミナーの概要をご報告いたします。

多くの国内食品メーカーにおいて、多品種少量化が進み、短寿命の製品が多いという特性のなか、現場の主力は非正規社員となっていることから、業務管理はたいへん複雑になってしまっているのが実状です。
本セミナーには、コンビニ弁当、機内食、惣菜、冷凍品、ドライフーズ、大豆加工などの食品メーカーを始め、医薬品メーカーからも人員管理のノウハウを学ぼうと多数の参加をいただきました。
講演の冒頭では、食品工場が儲からない理由について触れました。
170518-thumbnail2.jpg
『生産性低下やロスコスト増大、在庫や廃棄品の増加を発生させているのは、生産変動が大きく、顧客要求納期が短いなどの「食品工場としての特徴」以外に、女性が多く平均年齢も高いなどの「人員管理面での特徴」や、部門間コミュニケーションが希薄で部下を育てる意識も薄いなどの「管理監督者の特徴」が原因である場合が多い。
そして、多くの食品メーカーに共通する課題としては「生産管理力の弱さ」「人員定着率の低さ」が挙げられる。
「生産管理力が弱い」のは、営業の販売予測が当たらない、飛び込み生産が多いことなどが理由で、必要な生産負荷と出勤シフトを合わせ込むという発想が無いからである。
また、「人員定着率が低い」のは、少ない正社員は日々の生産対応に手一杯で、新人パートの教育が行われずスキルは低いままであるなど、個人を尊重する、人を大切にするという発想が欠如しているからである。
したがって、工場が安定利益を出すために生産を安定させるには、必要な業務・仕事に必要な人材を合わせるための計画立案と人材育成の仕組みが重要である。』
という説明から始まりました。
DSC_0186-thumbnail2.JPG
セミナー終了後には、多くの参加者から「具体的な改善の着眼点、活動の進め方が非常に参考になった」との声をいただきました。
            
今回のテーマは、9月に東京・大阪でも開催をいたします。既に受講受付は始まっておりますので、パンフレット詳細や参加お申込みは下記サイトをご覧下さい。
http://www.ast-c.co.jp/seminar/technology.html#5
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| セミナー