2017年09月28日

技術セミナー「鋳物工場の生産性向上」大阪・東京 開催

日本国内で毎日のように開催されているセミナーは様々ありますが、これまでほとんど取り上げられてこなかった『鋳物業界』向けのセミナーを今回アステックでは「鋳物工場の生産性向上」をテーマに開催いたしました。それでは2017年9月14日(木)大阪、9月28日(木)東京のアステック研修会場で実施しました技術セミナーの概要をご報告いたします。           

鋳物産業は「不良発生は当たり前の文化」、「工場・作業環境に厳しさがある」とよく言われますが、それは鋳物産業の以下のような特徴によるところが大きいのです。
・同じものを同じように作っても欠陥が発生するため、作り直しや補修が前提となっている
・熟練者の暗黙知に頼らざるを得ない面が多い
・人材確保が不十分で、技術・技能の向上が困難
・資本集約型産業であり、設備や技術への投資が容易ではない
・単価決定方式が重量基準となる事が多く、技術的な難易度が反映されにくい
170928-1.jpg
そこで、鋳物工場の生産性が上がらない理由に下記の5つを挙げました。
・欠陥がつき物という意識があるためコスト意識は弱く、生産性に着目した改善が停滞する
・現場のやりくりが常態化し、余裕を持った生産計画を立てる傾向にある
・スキルの伝達が進んでおらず、人に起因する生産能力低下が発生している
・設備異常を感じても壊れるまで使う事が多く、設備保全不足で混乱する
・職場単位の小集団活動を中心とした改善で工場成果に結びつかない
170928-2.jpg
本セミナーは、これら理由を踏まえて「教育・意識改善」「生産管理改善」「現場管理改善」の着眼点から、課題解決の具体的な進め方を紹介していきました。これまで思うような改善成果を実感できずにいた受講者の皆さんにとっては、新しい気付きも大きかったようです。実際に他社が実践してきた改善事例をご紹介させていただきましたが、自職場に置き換えながらイメージを膨らませていらっしゃる様子がうかがえました。
             
今回受講された皆様からは、鋳物業界をターゲットにしたセミナーは珍しく、初めてだったとの声を多数頂戴いたしました。アステックは、どの業界にも一律の改善手法を押し付けることは決して無く、様々な業界が持つ特異性に応じての具体論で話しをしていきます。これからも業界ごとの踏み込んだ話しを題材に改善テーマを掘り下げてまいります。
他のコンサルティング会社では思うような成果を上げられなかった企業様は、今後のアステック技術セミナーにぜひ、ご期待ください。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| Comment(0) | セミナー

2017年09月22日

アステック技術セミナー『儲かる食品工場の人員管理術!』を開催しました。


2017年7月からスタートしたアステック技術セミナー『儲かる食品工場の人員管理術!』、9月9日(東京会場:アステック東京セミナールーム)9月22日(大阪会場:アステック大阪セミナールーム)にて食品関連企業様を対象としたセミナーを開催しましたのでご報告いたします。

お菓子、パン、お茶、お弁当、冷凍食品等食品企業メーカー様の多彩な業種の経営者ならびに生産関連責任者の多くの皆様にご受講頂きました。
170922-1.jpg 170922-2.jpg
本セミナーでは、食品工場の人に着眼した管理術をテーマに解説しております。
食品業界が儲からない理由として多品種少量かつ短寿命という製品が多く、日々の生産変動が大きくそれが日常的に生産性の低下が発生するなど問題が多数あり、人材不足など厳しい環境にあり新人は募集しているが、なかなか人が集まらない。
また改善活動は一生懸命やっているが、成果が出ないなど儲からない理由山積しているなど食品企業の利益率が低い原因となっている理由など詳細事例を交えながら詳しく解説を致しました。
アステックが薦める『3軸改善』は、生産現場改善・生産管理改善・教育意識改善の3つの軸による生産性向上とトータルコストダウンを実現するアステック独自の仕組み改善に食品工場の生産革新手法として弊社のオリジナル手法です。従来型の改善活動ではなく、大きな成果に繋がる実践的な改善手法を解説するセミナーを開催しますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

次回はアステック経営トップセミナー、技術セミナーですが、
・『製造業における働き方改革』でのテーマ
第136回 11月28日(火)東京会場(世界貿易センタービル)
第137回 12月 7日(木)大阪会場(グランフロント大阪)

技術セミナーについては「間接部門の生産性向上」「在庫削減の最新理論!」「生産管理システムを活かす改善」「医薬品メーカーの生産性向上」「コストの見える化」等アステックコンサルティングでは、これからも従来型の改善活動ではなく、大きな成果に繋がる実践的な改善手法を解説するセミナーを開催しますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

アステックセミナーは、下記からご覧頂けます。
http://www.ast-c.co.jp/seminar/index.html
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| Comment(0) | セミナー

2017年09月12日

第64/65回 アステック工場長セミナーを開催しました

2017年9月7日(木)世界貿易センタービル コンファレンスセンター(東京会場)、
9月12日(火)グランフロント大阪(大阪会場)に【安く作る技術/新たな視点でコスト構造改革に取組む!】のテーマで工場長セミナーを開催いたしました。

電機、化学、医薬品、機械、無機材料、食品など広範な業界から大勢の皆様に受講頂きました。
170912-1.jpg170912-2.jpg
本セミナーでは、同タイトルの書籍の著者でもある弊社代表取締役社長の岩室 宏が講師を務め、大局的な見地から日頃の実践コンサルティングでの具体的な事例に至るまで解り易い解説を行ないました。

冒頭、講師から日本の風土である和の精神や思いやり、恥の文化、技術礼賛から派生するお客様は神様の意識、品質第一主義、良いものを作れば売れるという日本的価値観は本当に正しいのかとい問いかけがありました。その結果、絶対品質を維持する為にかかるコストや顧客の要望に忠実に対応する事による必要以上の多品種化に陥っていることを直視しない現実を指摘しました。

 さらに製造、品質・設計、調達それぞれの面からのコストダウンアプローチの手法について、具体的な事例を交えながら「一気通貫生産方式」をベースに解説を行いました。

受講された方々には更に理解を深めて頂けるようにテキストと共に講師の著書である「安く作る技術(日刊工業新聞社刊)」を1冊ずつ進呈致しました。
170912-3.jpg
受講された方々からは、「見えないコストを定量化出来ないでしょうか?」「設計、製造、調達、生産管理と多くの組織があるがどの部署から改善に取組むべきでしょうか?」「トータルコストダウン、収益改善の切り口が良く解った。営業や本社部門にも受講させたい。」「コンサルティング導入について詳しい話を聞きたい」などのご質問やご意見を頂きました。

アステックコンサルティングでは、このように実践コンサルティングを通じて改善成果を挙げた手法を多くの企業様で活用いただける様に具体的に解説しています。

次回はアステック経営トップセミナーとして、
●「製造業における働き方改革」のテーマで
第136回 11月28日(火)東京会場(世界貿易センタービル)
第137回 12月 7日(木)大阪会場(グランフロント大阪)にて実施します。

一方、部門責任者、技術スタッフの方を対象として下記テーマで技術セミナーを開催しますので是非、ご受講されますようご案内致します。(10月から12月実施分)
●「鋳物工場の生産性向上」
●「間接部門の生産性向上」
●「在庫削減の最新理論!」
●「生産管理システムを活かす改善」
●「医薬品メーカーの生産性向上」
●「コストの見える化」

詳細は、下記URLをご参照下さい。
http://www.ast-c.co.jp/seminar/index.html
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 17:30| Comment(0) | セミナー