2017年12月13日

技術セミナー「コストの見える化」大阪・東京 開催


2017年12月7日(木)東京、12月13日(水)大阪のアステック研修会場で実施しました技術セミナーの概要をご報告いたします。           

改善はしているのにコストは下がらないという話をよく聞きますが、それは、その会社の体質自体がもう既に高コスト体質になっているからではないでしょうか。本セミナーでは、コスト体質の違いは、管理力が分かれ目であることをご説明していきました。
171213-3.jpg
どんな製品においても他社より高い原価でしか作れない高コスト体質になっている会社というのは、多くの場合、原材料を購入するコストではなく、製造に費やされるコストが高いことに起因しているのです。人件費(生産性)、不良率、製造手直し、設備停止時間、間接人員や管理職の多寡(高さ)が現象として顕在化するが、その真因は「管理力」の弱さにあります。
これに対して低コスト体質の会社というのは、やはり管理力が高いと言えます。生産量の増減に応じて人件費など製造原価を適切かつ迅速に調整する機能を有しており、また個々の商品コスト管理よりもコスト水準や傾向管理に力を入れている場合が多いのです。

コスト水準を下げるためには、営業からの情報を集約し、生産計画を立て、現場に対して生産指示を行い、進捗を管理する方法を抜本的に変える必要があります。言い換えれば「もの作りにおける管理の仕方」を変えるということです。
             
本セミナーは、これらを踏まえて、製造面、調達面、設計面、生産管理面のそれぞれの課題解決のポイントをご紹介してまいりました。
171213-4.jpg
これまで思うような改善成果を実感できずにいた受講者の皆さんにとっては、新しい気付きも大きかったようです。実際に他社が実践してきた改善事例をご紹介させていただきましたが、非常に参考になったとのお声を多数頂戴いたしました。
他のコンサルティング会社では思うような成果を上げられなかった企業様は、今後のアステック技術セミナーにぜひ、ご期待ください。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| Comment(0) | セミナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: