2018年01月24日

アステック技術セミナー「一品受注型企業のコストダウン」 を開催しました

2018年1月18日(木)に東京会場、1月24日(水)に大阪会場にて「一品受注型企業のコストダウン」のテーマで技術セミナーを行ないました。
180124-1.jpg180124-2.jpg
当日は、大雪により列車ダイヤが乱れる中、精密機械、産業機械、大型機械、プラント設備などの企業様から役員、工場長、および企画・設計・製造・購買部門の責任者を中心に多くの方々にご受講頂きました。

一品受注型生産型の企業の場合、受注から設計、資材調達、製造、品証とそれぞれの部門で始めて取組む事が多く、計画通りに進める事が非常に困難であるため常に振り回されていて、忙しい割りに儲からないと経営者の方は嘆かれます。また、現場ではこのような声を耳にします。
・ 仕様決定や出図の遅れが原因で生産が混乱している
・ 特急品の割込みが多く、通常品の遅れが常態化している
・ 現場のやり繰りでの生産が中心で、実態が見えない
・ 負荷が見えず、適切な人員計画が立たない
・ 調達・外注先の管理不足により、欠品が多い

今回の技術セミナーでは、一品受注型企業のビジネスプロセスをフローとして見直し部署間の連携課題を明らかにすると共に、@引合から受注確定の早期化 A設計段階で行なうコストダウン B部門間連携によるコストダウン C製造管理強化によるコストダウン D調達改善でのロスコスト削減 に分けてそれぞれの改善手法を詳細に解説しました。

多くの企業様で実際に取り組み成果を上げられていますが、受講された方からは、「事例の紹介もして頂けましたが、自社の実態に合わせて非常に参考になりましたし、改めて改善する勇気が湧いてきました。」との声を頂きました。

 アステックコンサルティングでは、これからもより具体的なソリューションを提供して企業様の課題解決に向けて提案してまいりますのでご期待下さい。

アステックセミナーは、下記からご覧頂けます。

http://www.ast-c.co.jp/seminar/index.html
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 17:30| Comment(0) | セミナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: