2018年11月09日

第14回アステック生産革新研究会改善発表会

11月9日(金)に新大阪ワシントンホテルプラザにて『第14回アステック生産革新研究会改善発表会』を開催いたしました。
生産革新研究会改善発表会は、弊社が現在実践指導させていただいている企業様とOB企業様を対象に毎年実施しているもので、実際の改善事例に加えて活動推進にあたって苦労した点や、成果を上げるためにこだわったポイントなど改善推進上のノウハウなどを各企業間で共有していただくことを目的としています。
181109-1.jpg
今年も全国から多数の会員の皆様方にご出席いただき、無事に開催することが出来ました。発表企業様の中には開始2時間前にご来場され、発表に対する高い意気込みを示された企業様もございました。
遠方・近郊にかかわらずご出席いただきました会員の皆様、ありがとうございます。
181109-2.jpg
まず、弊社社長の岩室の開会の挨拶に続いて、4社の企業様より改善活動の事例を発表していただきました。
船舶用鋳物部品、溶接式管継手、機能性フィルム、光電子部品と業種の異なる企業様によるリードタイム短縮、生産性向上、在庫削減、稼働率向上など各社様の改善活動を豊富な事例を交えて説明いただきました。
発表内容は改善活動を進める他の出席各企業様にもわかりやすい説明であったため、発表後の質疑応答は非常に活発に行なわれ、改善のヒントを得られる有意義な時間を過ごすことが出来ました。
特にOB企業様からの弊社指導後の活動事例の発表では、一旦活動が進まなくなった改善活動をいかに活性化したかの御発表もあり、現在実践指導中の企業様にとっても将来のイメージを描くヒントになったものと思います。
昼食を挟んで弊社からのお知らせとして、間接部門改善について「RPAを本格的に使ったコンサルティング手法」をコンサルタントによるRPA実演デモも含めて説明させていただき、新たな取組みとして改めて興味を持っていただいたようです。
181109-3.jpg
事例発表のあとは弊社社長岩室による特別講演を行いました。今回のテーマは 「『「考えすぎる人』は成功しない!」です。考えすぎる人に現れる現象から紐解いて、考えているだけでは結果は出ない。だから行動力を上げるには何が必要かを坂本龍馬の事跡などを交えながら具体的に説明した非常に興味深い内容でした。
181109-4.jpg 181109-5.jpg
181109-6.jpg
発表会の後はホテルの別会場で懇親会を行いました。お酒を交えながら、発表企業様に活動を進める上での裏話を聞くなど本音のトークもあり、研究会の緊張感からも解き放たれ、和んだ雰囲気での情報交換の場となりました。会員企業様が日頃感じている活動推進上の悩みを相談する場を提供できたという意味で、有意義であったと思います。

来年も更にお客様に満足いただく研究会にすべく鋭意努力してゆきたいと考えておりますので、引き続きご協力のほどよろしくお願いします。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 20:00| Comment(0) | 行事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: