2018年11月27日

経営トップセミナー 「キャッシュフロー工場改革」 東京・大阪 開催

2018年11月20日(火) 於)東京 世界貿易センタービル
2018年11月27日(火) 於)グランフロント大阪

アステック経営トップセミナー「キャッシュフロー工場改革」を開催いたしました。
両会場共に、機械、食品、化学、印刷、医薬、電機 など広範な業界から 大勢の皆様に受講頂きました。

本セミナーでは、弊社代表取締役社長の岩室 宏が講師を務め、大局的な見地から、日頃の実践的なコンサルティングでの具体的な事例に至るまで、解り易い解説を行いました。
生産性主義からキャッシュフロー主義への転換を図る上で重要なポイントを、製造部門を利益創出部門と位置づけて、全体最適視点にて、利益増大を図る手法について解説致しました。
181127-1.jpg 181127-2.jpg
キャッシュフロー経営とは何か、(PL、BS、CF)指標の関係を説明し、キャッシュフローを増やす改善に関して「在庫削減」「コストダウン」が必要であるとの説明から始まり、工場における原価計算の問題点、配賦のからくりや、見えない(見えにくい)コストに関して触れ、工場発生のトラブル削減は外部流出費用を抑える概念が非常に重要であるとの説明、更にはキャッシュフロー系指標に関しての利益創出費用に関しまして掘り下げた活用の仕方について説明し前半は終了しました。
後半は 実際の改善活動としての「リードタイム短縮」に焦点をあて『一気通貫生産方式』をベースに解説致しました。
在庫削減の見方として発生場所と発生理由、在庫の種類毎の削減ポイント等からキャッシュフローを良化すること、強い企業体質を作る事の重要性の見解や実際の改善事例についての紹介を行いました。
3時間におよぶセミナーでしたが、参加頂いた皆様は講義を集中して聞き入られたり、メモを取られたり、終始熱心に受講されていました。

最後に、受講された企業様より、「すぐにでも企業診断をしてほしい。」「講義内容に関してもう少し説明してほしい」等、セミナー終了後も講師への御質問やご相談を頂くなど、高い関心をお寄せ頂きました。

アステックコンサルティングでは、多くの実践コンサルティングの実績の裏付けられたオリジナル改善手法も持ちえており、製造系企業様の様々な問題解決のお手伝いをさせて頂きます。
今後も、最新の改善手法や改善理論をセミナーとして御紹介して参ります。是非ともご期待下さい。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| Comment(0) | セミナー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: