2018年05月29日

工場長セミナー「間違いだらけの工場改革」大阪・東京 開催


2018年5月24日(木)グランフロント大阪、5月29日(火)世界貿易センターで開催いたしました工場長セミナーの概要をご報告いたします。

現代の日本では過去と比べて生産性が上がりにくくなっているのは事実です。以前は作業改善を中心とした現場改善でもそれなりの効果が期待できましたが、現代ではモノの流れと情報の流れが複雑化し、従来とは同じ手法では成果が出なくなっているのです。
今回のセミナーには、これまでの取り組みとは違った切り口を求めて、機械、電機、精密機器、電子部品、金属、化学、医薬、食品、繊維といった様々な業界から、多くのご参加を頂きました。
180529-1.jpg

セミナーでは、生産性が上がらない理由として、製造環境の変化、改善難易度のアップ、従業員教育の不足が挙げられました。
製造環境の変化としては、多品種化による生産ロット縮小や短リードタイム要求の増大などがあります。また、改善難易度のアップとしては、多品種少量生産に対する適切な改善手法が見出せない、生産部門以外に起因する問題点の増加などがあります。そして、従業員教育の不足として、工場内の正社員比率の低下と派遣・請負の増大、管理職のマネジメント能力の低下などがあります。 
           
そこで企業は、過去の量産を前提とした「個」を対象にした改善から、多品種少量化で成果の出る「流れ(フロー)型改善」に今後は取り組んでいかねばなりません。その流れを改善する手法として「一気通貫生産方式」があります。セミナーでは一気通貫生産方式により、リードタイムを大幅に短縮、各種在庫を削減、キャッシュフローを良化する効果について、実例を交えながらご説明してまいりました。
180529-2.jpg

受講された方からは「自社がいままで取組んできた改善が間違っていることに気付けたが、一気通貫の流れにするには何から着手すればいいのでしょう?」と講師に質問をされる方も多くいらっしゃいました。
アステックでは、実際に皆様の工場へお伺いし、トップを始めとした関係者からのヒアリングと工場内を視察することにより、その工場が持つ潜在的な課題とそれを解決する方法、その結果どれほどの成果を手に入れることが出来るのかをレポートにまとめさせていただく『1日工場診断』制度をご用意しております。比較的短期間で大きな成果を期待されている企業様は、どうぞ弊社までお気軽にお問合せ下さい。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 18:00| Comment(0) | セミナー

2018年04月24日

技術セミナー「ぐいぐい引っ張る! 強い管理職への変り方」東京・大阪開催

2018年4月17日(火)大阪、24日(火)東京にてそれぞれ弊社セミナールームにて、アステック技術セミナー「ぐいぐい引っ張る! 強い管理職への変り方」を開催いたしました。製造業の様々な業種から、多くの管理職の方々にご受講頂きました。

自ら考えて行動していく管理職を育てたい、とにかくやる事が多すぎて自分の仕事だけでも大変なのに部下指導から組織運営までやらなければならない、これから管理職になるのだけれどどうしたらいいのか勉強したいというそれぞれの立場でご受講頂きました。
180424-1.jpg180424-2.jpg
昨今、元気な管理職が減ってきたと言われる企業様が多いですが、まずその理由を概観しました。そしてそもそも管理職の役割は何なのかを解説し、ぐいぐい引っ張るリーダーとはどのような人で、人をその気にさせる5つの力について説明しました。部下の力を引き出し組織としての成果を出す方法についても受講者に考えてもらいながら、ディスカッションに多くの時間を割いて双方向のセミナーを展開しました。
180424-3.jpg
受講者の皆さんからは、「講師と受講者とが対話しながらの講義であり大変有意義でした。」「自分の職場に当てはめながら自分自身と部下、また上司との関係、会社の風土、環境など様々な事を考え直す事が出来てとても集中できた一日でした。」等のお声を頂きました。

アステックコンサルティングでは、製造部門・生産管理部門・設計部門・調達部門等組織機能の改善だけでなく従来から研修やコンサルティングを通じて、リーダー育成や管理職強化など人に焦点を当てた教育・意識改革にも高い評価を頂いています。
今後も、このような切り口でのセミナーを開催しますので 是非 ご期待下さい。
また、このような切り口でセミナーが出来ないかなどのご要望があればドンドンご要望下さい。
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 17:30| Comment(0) | セミナー

2018年04月13日

4ステップ生産改革セミナー

 「4ステップ生産改革」のテーマで、大阪開催2018年4月6日(金)、東京開催4月13日(金)にそれぞれアステックセミナールームにて技術セミナーを実施しました。
 今回のセミナーでは、金属・食品・産業機械・半導体など、様々な業種の管理職の皆様にご参加をいただきました。誠にありがとう御座いました。 
180413-1.jpg 180413-2.jpg
 4ステップ生産改革とは、従来型の小集団活動とは一線を画した弊社の推奨する小集団活動の事で、「課題達成型小集団活動」で進める改善活動の事を言います。
従来型の小集団活動では、各チームが個別に独自の視点で目標を定め、主に現場改善を中心に活動を進めますが、改善効果が経営数値に反映、もしくは見える形で寄与しないと言う弱点がありました。
 しかし、弊社の推奨する「課題達成型小集団活動」では、目標とする経営数値や解決したい経営課題など、「あるべき姿」をブレークダウンし、階層ごとに部課・チームの活動目標に落とし込み、その内容を各小集団の目標に設定し活動を行います。
そうする事で、得られた改善効果が自ずと経営数値への反映、また経営課題を解決する事に直結する小集団活動となります。
180413-3.jpg
 皆様のお会社でも、小集団活動をはじめとする現場改善や改善提案制度など、様々なお取組みをしていく中で、生産性など現場レベルでは目に見える形で効果は発現しているものの、得られた効果が経営面に寄与しているのか、また課題解決に直結しているのかなど、お悩みをお持ちではないでしょうか。
この様な悩みを解決する一つの切り口として、本セミナーでは改善活動の進め方を、@準備期間・Aミクロ改善・Bテーマ改善・Cストラクチャー改善の4つのステップを踏んで進め、成果を確実なものにする事を、事例を交え詳しくご説明させて頂きました。

 アンケートでは、「明日から早速自職場で実践をしたい」「自職場で行っていた活動にムダがある事を理解できた」などのご感想を賜り、大変ご好評をいただきました。
更にセミナー後は、講師の時間が許す限り皆様のご質問にもお答えし、大変活気あるセミナーとなりました。

 アステックセミナーでは理論だけでなく実践的な改善手法を解説しますので、今後ともご活用くださいますようお願いいたします。


・経営トップセミナー『キャッシュフロー工場改革』
 6月7日(木)大阪会場(グランフロント大阪)
 6月14日(木)東京会場(世界貿易センタービル)

・工場長セミナー『間違いだらけの工場改善』
 5月24日(木)大阪会場(グランフロント大阪)
 5月29日(火)東京会場(世界貿易センタービル)

・技術セミナー『強い管理職への変わり方』
 4月17日(火)大阪会場 開催済み
 4月24日(火)東京会場(両会場共にアステックセミナールーム)
・技術セミナー『機械加工職場の生産性向上』
 7月6日(金)大阪会場
 7月10日(火)東京会場(両会場共にアステックセミナールーム)

◆アステックセミナーのご案内ページはこちら
 http://www.ast-c.co.jp/seminar/
posted by 株式会社アステックコンサルティング at 17:30| Comment(0) | セミナー